HIROY GLASS STUDIO
--GRICE グライスシリーズ--

On apartments. サイトGalleryへようこそお越しくださいました。

No.9 仮想展示では、
ガラス作家 ヒロイグラススタジオさんの熱い夏に涼しいグライスシリーズをピックアップし、ご紹介いたします。


--GRICE グライスとは--
炭にしたお米(未熟米)を発色材の一つとして、ガラス原料と共に高温で溶かし込み発色させた淡い青色のオリジナルガラスです。溶かした直後は泡が多いため、約3日かけて微泡になるよう調整しておれらます。


--グライス誕生秘話--
工房を開いた岡山県の実家の地には、かつて「旧 閑谷(しずたに)学校」の運営を支えるための学校田がありました。その地でヒロイさんのご両親がお米を作り続けておられたのですが、ある年は大変な不作で未熟米が多く、ご両親は落ち込まれたという。何とか元気付けたいという想いに「地元とつながるガラス作品を作りたい」というヒロイさんの願いが重なり、お米をガラスに溶かした淡青のガラスが生まれたというわけです。


※「旧 閑谷(しずたに)学校」:1671年〜、9区画に等分された農地を8軒の農家が各1区画を耕作し、残り1区画を租税として共同で耕作していました。その租税を納める先が、日本最古の庶民のための学校といわれるこの「旧 閑谷学校」。学校の運営と子供の学びを支えていました。

※引用:「お米が溶け込んだ青いガラス GRICE」ヒロイグラススタジオ リーフレットより

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • 1

10商品中 1-10商品

>