上野 剛児 / 青磁茶碗

22,000円(税込)

ツヤがあるところとマットに落ち着いている質感のふたつの表情が面白い

施釉し融点を落として低い温度で解けるようにしており、とっておきの窯の部屋に入れて焼かれた作品です。 土からでた鉄分の斑点がちらほら現れ、それが全体的に深い青色とよく合う模様となっています。
また、高台にかけて釉がしっかり溶け込んでおり光沢があって青色が非常に濃く美しい。それ以外の外側と内側はそれぞれ景色の違ったマットな質感が出ています。どっしりとした作品の重量感も安心できるうつわです。
見込みが広いので茶筅は立てやすい抹茶碗です。

[上野 剛児 Tsuyoshi Ueno]
2005年、香川県東かがわ市に穴窯「火の谷窯」を自ら築窯する。 南蛮焼きの制作を中心に、灰釉や粉引なども手掛ける。穴窯焼成でつくるダイナミックな表情と繊細なかたちを有した生活に寄り添ううつわを制作されています。

→ about 上野剛児

size:直径 約11,高さ 約9
info: 重量約412.5g。食洗機・電子レンジ使用可能。手作りのため、サイズは計測する所によって微妙に異なる場合がございます。一部の自然の釉薬が掛かっているところ以外の焼き締め部分は多少の吸収性がございます。また、使用する原土には小さな石粒や鉄分などが含まれています。土の特徴を作品の景色としてお楽しみ下さい。同じ作品でも多少サイズや形・色に違いが生じることがございます。 ご使用のパソコンのモニターによって、実物と印象が違って見える場合があることをあらかじめご了承ください。
販売価格 22,000円(税込)
型番 po-uet21

>